技能伝承

優れたモノづくりは、製品を使う人の想いを造り手が受け止めるところから始まります。 想いを製品という形にする過程では、高精度・高機能の最新機器を駆使することが重要となります。

しかし、そういった機器に頼るだけでは、本当にお客様の役に立つ製品にはならない、と私たちは捉えています。メタルファンテックでは、製品に携わる技術者たちの「手」こそが、そのカギを握ると考えています。「手」とは、製品に携わる技術者や従業員の「技能」「心」のことを指しています。

お客様に長年にわたりご愛用いただけるモノづくりの為に、メタルファンテックでは最新機器の活用に加え、創業以来培われてきた現場の「手」を守り育て、次世代に伝承することを重要視して、数々の取り組みを行っています。

お客様からご注文をいただくと、まず部門長が集まり工程会議を行います。 製作に必要な工程を確認後、製作に携わる一人ひとりと技能を共有します。 製作現場では上級技能者の技を実際に目にしながら、時には指導も受け体得していきます。 またメタルファンテックでは、従業員の技能資格の取得に積極的に取り組んでいます。

お問い合わせ