シャフトスクリュー

シャフトスクリュー

SUS304製 焼き嵌め
スパイラル羽根の軸部は厚肉パイプ、写真手前はピーリング材を旋盤加工したものです。2種類の材料を接合する技術として”焼き嵌め”という加工法を用います。焼き嵌めとは簡単に言うと孔径より僅かに大きいシャフトを無理に差し込む技術です。金属同士ですので通常は無理ですが、孔側に熱を加えて、膨張している間に一気に押し込みます。温度が低いと途中で止まり、製品が全てアウトになります。
溶接より強い強度で、ここでも職人の勘と経験がものを言います。

お問い合わせ